金沢駅の周辺はみるみる変化を遂げている。昔は何もなかった印象だが、今や金沢駅周辺だけで充実した時間を過ごすことができる。上の写真は金沢駅東口の遠景だが、この角度から撮影された写真は意外と少ないのではないか。写真の右隅にあるのはショッピングモールのフォーラス。ここにはお洒落なブティックのほかレストラン街や映画館もある。

 

駅構内にある牛丼の吉野家。日本人には言わずと知れた吉野家だが外国人にとっては珍しいはず。「早い、安い、旨い」の日本の典型的なファストフードを是非体験してもらいたい。

 

金沢駅構内のビル2階にスーパーマーケットがあることは意外と知られていない。このスーパーは比較的に上質な食材を扱っている。お弁当や寿司などは夕方になると値引きが始まるのでそれを目当てに立ち寄る通勤客も少なくない。

 

 

駅構内ビル3階はちょっとしたレストラン街になっている。その中にある和風食堂「駅の蔵」は店内の作りが広々としていて穴場的な存在だ。旅立つ人と最後の食事を時間ぎりぎりまで静かに語らいながら楽しむことができる。

 

金沢駅構内にあるおでんの名店「黒百合」。この店は金沢人に昔から親しまれている。電車に乗るまでの30分を利用しておでんと熱燗で最後の金沢を堪能するのも乙なものだ。

 

金沢駅構内には金沢の老舗食品店ばかりが入店している「あんと」というフロアがある。その一角にお弁当コーナーがある。こちらのお弁当もまた老舗店のものばかりだから極めてレベルが高い。列車の中でお弁当を食べようと考えている人はこちらで好みのお弁当を購入してから列車に乗り込もう。最後の最後まで金沢の美味が堪能できるはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢駅構内にはパン屋さんが二軒ある。ジャーマンベーカリーとドンク。どちらも金沢庶民には親しまれている。ちょっとしたイートインコーナーもある。テイクアウトで電車の中で食べるのも良いだろう。

 

パンの話になったついでだが、冒頭で軽く紹介した金沢駅東口に隣接するフォーラスの中にもパン屋さん「ビゴ」がある。こちらのパンは洗練されているのでパン好きにはお勧めだ。

 

 

金沢駅東口から徒歩数分のところにある居酒屋「くろ」は超人気店だ。予約がないとまず入店できない。北陸の魚介を豪快に食べたい人は是非予約して行ってもらいたい。最初の客がぼつぼつ帰りだす遅い時間帯を狙えば意外と空席があるかも知れないのでダメ元で行ってみるのもいいだろう。