うどんのお多福と加登長、中華のチューと眠来、寿司の蛇の目寿司などは古くから金沢市民に親しまれてきたチェーン店だ。ところが、面白いのは金沢のこうしたチェーン店は、看板こそ同じでもメニューや味付けなど中身が全然違うのである。金沢では餃子の王将までもが店によって味が異なるから不思議だ。

さて、ご近所さんに連れられてランチに行ったのはそんなチェーン店のお多福の粟崎店だった。金沢の中心部からだと海に向かって車で10分ほどだろうか。ちょっと不便な場所にあるのだが、数あるお多福の店舗の中でも屈指の人気店らしい。昼時の店内は子供連れの家族もいれば、ご近所さんやサラリーマンらしき男性やらでごった返していた。

ほとんどの人は丼物とうどんのセットメニューを食べていたが、私はシンプルに一番人気のゲソ天うどんとやらを単品で注文した。しかし、これがとんでもなく大盛りなのである。うどんの丼は洗面器と言ったらさすがにちょっと大げさかも知れないが、通常の丼の倍はありそうだ。食べても食べてもなかなか減らないのだが、自家製うどん、出汁、天ぷらの三拍子そろって素晴らしく美味しい。他のお多福とは明らかに一線を画す出色のうどんだと思う。

丼 お多福 粟崎店
076-237-7254
石川県金沢市粟崎町ト135-14