金沢市の東山界隈に伝わる夏の風物詩、四万六千日。「四万六千日」(しまんろくせんにち)とは、観音様の功徳日(旧暦の7月9日)に参拝すると4万6千日分の功徳があると言い伝えられている風習。今年は8月19日がその日に当たり、東山の観音院では朝早くから縁起物のトウキビ(トウモロコシ)が販売されていた。そのトウキビを軒先に吊るすと魔除けや商売繁盛などのご利益があるとされているのである。

たった一日の参拝で4万6千日分の功徳があるのだから、ふだんは信仰心のかけらもない無精者たちがこの日ばかりは朝から俄然張り切るのである。

今年の8月19日は夕日のきれいな日だった。浅野川大橋からしばらく夕日を眺めた後、どの家にも真新しいトウキビが吊るされている東山茶屋街をそぞろ歩き、お目当てのビストロに入店したのであった。

 

Bistro Ryomon リョーモンのホームページはこちら

リョーモンの地図
076-252-2892
石川県金沢市東山1-23-6
18時00分~25時00分(L.O. 24時00分)
定休日:水曜日