「Restaurants」の記事一覧

(日本語) 一流鮨屋の三条件

Kikunoya Related Namaste Related Shibaya Related Restaurants Nakayasu Related Japanese cuisine

主計町茶屋街にある古民家を改造した鮨屋は狭くて急な階段を上るとカウンター四席、それにテーブル席が二つほど。隠れ家的な鮨屋である。カウンターはハロゲン照明がきつく、職人の一挙手一投足が手に取るように見える。鮨屋とは握ってなんぼ魅せてなんぼの摩訶不思議な世界だ。料理人、アーティスト、そして演技者の三要素を兼ね備えている鮨屋は一流だが、そんな鮨屋はめったにお目に掛かれない。東山の旦那さんからご案内頂いた鮨屋でそんな思いをあらたにしたのであった。 金澤主計 鮨処あいじ 080-9781-9988 石川県金沢市主計町3-6 11:30~14:00 18:00~21:00 日曜営業

(日本語) 和洋中の居酒屋むさし

Kikunoya Related Namaste Related Shibaya Related Restaurants Nakayasu Related Japanese cuisine

和食はそこらへんの割烹よりも美味しい、洋食はそこらへんの洋食屋よりも美味しい、中華はそこらへんのチャイニーズよりも美味しい。揚げ物は先代がとんかつ割烹だけあって特にロースかつはとんかつ屋よりも美味しい。要するにオールマイティーな居酒屋なのである。 むさしのHPはこちら むさしの地図 076-261-7350 金沢市尾張町1-9-4 営業時間 17:00~23:00(L.O.) 定休日:日祝(土曜が祝日の場合営業)

(日本語) 佃の佃煮 下新町本店

Kikunoya Related Namaste Related Shibaya Related Restaurants Nakayasu Related Japanese cuisine Sightseeing Spots

身内で祝い事があり、親族が遠方から金沢に集結してきた。爺はそんな遠来の親戚に対し、金沢の名産である佃煮を手土産でもたせたいと言い出した。別に土産は佃煮でなくたって他にもいろいろ金沢の名産はあるのだが、金沢生まれ金沢育ちの爺は土産は佃煮でなければならんと強情なことをいうではないか。 そんなわけで足の不自由な爺を引き連れて下新町にある佃屋の本店にやってきたのであった。ショーウインドウに陳列された佃煮はざっと見ただけでも10種類近くもありそうだ。気の利いた佃煮の詰め合わせを購入するのかと思いきや、爺は佃煮はゴリでなければならぬという。結局、爺のゴリ押しに負け、ゴリの佃煮をメインに据えた特注の詰め合わせを作ってもらったのであった。 ちなみにゴリ押しのゴリはゴリの佃煮のゴリのことである。ゴリは吸盤状の腹ビレで川底にへばりつくように生息しているため、ゴリを獲るには川底を削るよう、力を込めて網を引く必要がある。そこから強引に押し通すことをゴリ押しというようになったとされる。 佃の佃煮 下新町本店 076-262-0003 石川県金沢市下新町6番18号 8:45~19:00 日曜営業 無休※元日は休み

Speaking of Japanese Sake

Kikunoya Related Namaste Related Shibaya Related Restaurants Nakayasu Related Japanese cuisine

When I tried explaining Japanese sake to my overseas friends, I quickly learned how ignorant I really was. “To teach is to learn.” How true! I didn’t know the difference between “daiginjo” and “junmai-daiginjo.” It’s embarrassing for me to say that, even though I’m living here in Hokuriku, a center of sake brewing. I had・・・

Sunday Evening in Katamachi

Casual Cuisine Kikunoya Related Namaste Related Shibaya Related Restaurants Nakayasu Related Non-Japanese Cuisine

Many Katamachi restaurants are closed on Sundays. I recommend the Spanish restaurant, Arosu, and the okonomiyaki restaurant, Kona. Arosu’s owner-chef studied in the kitchens of Spain, and his restaurant’s character is not your usual Japanese restaurant. It’s a popular place that will entertain you not only with food but also with talk and performances. If・・・

Wild Mushrooms at Akagi Announce the Fall Season

Kikunoya Related Namaste Related Shibaya Related Restaurants Nakayasu Related Japanese cuisine

You haven’t experienced autumn if you haven’t tried the wild mushrooms at Akagi. Bears live in the mountains where Akagi-san gathers the mushrooms. He says he found five types of wild mushrooms while all the while blowing on his bear-repelling whistle. Ah, but remember — at the supermarket these days, mountains of mushrooms are available・・・

(日本語) 奥能登国際芸術祭(2017年9月3日〜10月22日)

Cafe/Bar Restaurants Japanese cuisine Sightseeing Spots

能登半島の珠洲市で開催されている奥能登国際芸術祭(2017年9月3日〜10月22日)に行ってきた。当初の目標来場者数を早々と達成し、最果ての地で開催した最先端の芸術祭は大成功のようだった。 三十数点の作品の中では古来からの様々な漁具を白い幕に投影機で陰影を映し出した台湾人アーティストの作品が秀逸だった。現代アートは人を啓発するので、いつも目にしている物が違って見えてくるから不思議だ。 本州で一番人口の少ない市である珠洲市は、人口のピークは1950 年で4万人弱だったそうだが、今日ではその半分以下の15000人を下回っており、今なお人口減少は続いている。10年以上前に廃線になったのと鉄道の廃列車。長年にわたって野原に放置されてきた錆だらけのその姿はアート以上にアートだと思った。作品ではないのに、廃列車が一番の作品に思えてならなかったのも、この芸術祭のおかげなのかも知れない。この廃列車は文字通り過疎化の象徴なのだ。 堤防に無造作に置かれた使い古された漁網の山までもが何かを語りかけてくるような気がしてならなかった。 なじみの喫茶店や宿泊業者や飲食店からはどこもかしこも遠来の客で溢れかえり嬉しい悲鳴が上がっていた。ランチはレストラン浜中、小休止は二三味珈琲だったが、どこに行っても芸術祭の関係者で一杯だった。

ページの先頭へ